EDFインセクトアルマゲドンの良い所と不満点まとめ!甦れ記憶!!

『地球防衛軍』シリーズとは異なる世界観が描かれる『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN(アースディフェンスフォース アイアンレイン)』の発売日(2019年4月11日)まであと少し!

そこで今回は、正直ほとんど覚えていないながらも前作『EARTH DEFENSE FORCE:INSECT ARMAGEDDON(アースディフェンスフォース インセクトアルマゲドン)』をプレイして当時感じたことをまとめてみたいと思います。

良かったところ

・グラフィックは良く、巨大生物もかなりリアルに描かれている。

・地球防衛軍シリーズのスピンオフ作品ということもあり、大量に押し寄せる巨大生物を撃ちまくって倒す爽快感はある。

・操作性に関しては地球防衛軍シリーズとほとんど変わりなく、様々なボタンを使用するものの複雑ではない。

・4つの兵科が存在し、役割もはっきりしていてプレイの幅が広い。

・アクティブリロードが実装され、ゲージ真ん中付近でタイミングよくボタンを押すとリロード時間を短縮できたところは賛否両論ありますが、アクション性がアップするだけでなく殲滅速度にも関わってくるので個人的にアリでした。

・回避のほかに地球防衛軍シリーズでは5でやっと実装されたダッシュができ、移動ま
たアイテム回収に役立った。

・巨大生物を倒すとすぐ消滅するため、攻撃が邪魔されたり、絡まって動きがワヤクソにならない(すぐに消えない方がいいという意見も多いみたい)。

不満だったところ

・世界観が異なるので仕方ないのかもしれないが、絶望、またはっちゃけた感が少なくストーリーがかなり真面目で地味に感じる。

・ステージ数が少なくボリュームに欠ける。

・ところどころ日本語がおかしい。

・建物の破壊などによる煙の演出がありすぎて見づらい。

・敵の巣を破壊する際は撃って半分壊して最終的に爆弾の設置が必要と、リアルな設定が逆に面倒臭い。

・レベル制(8まで上げられる?)で様々の能力がアップするのはいいが、レベルを上げづらいうえ、レベル制限により入手した武器を装備できなかったりする。

結論

良いまた不満点はまだまだあったとは思いますが、今パッと浮かぶ内容はこんな感じですかね。

結論ですが、地球防衛軍シリーズとは違うアメリカンなテイストで新鮮さがあるところにはあって無いところには無いという・・・

結局どないやねん!とツッコまれそうですが、ほんとそんな感じなんです(;^ω^)

ネットでも不満の声が多いようですが個人的にはそこまで悪くはないと感じ、巨大生物やロボットの他に飛行物体などと戦うTPS(三人称視点のシューティング)ゲームとして普通に楽しめる作品だったかな!

しかし、地球防衛軍シリーズが好きな方からしたら少々物足りない内容になっているのかもしれませんね。

『EDF:IR』に求めること

最後に、前作ではいろいろ不満に感じるところはありましたが、私が『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN(アースディフェンスフォース アイアンレイン)』に求めるのはただ一つ!それは、

ステージ数が多いこと。これだけは外せません!!!

やはりステージ数が少ないとクリアも早いですし、マルチプレイによる協力またアイテム集めにしても同じステージばかりになり、早く飽きてしまう原因に繋がりますからね。

あ、あとソロプレイはもちろんの事、マルチプレイが盛り上がるようにってところでしょうか。

結局、一つではなく二つになってしまいましたが、その辺のツッコミは無しでよろしくです( *´艸`)

出展:『EARTH DEFENSE FORCE:INSECT ARMAGEDDON』より

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【懐古】PS3おすすめタイトル10選!今プレイしても面白くてハマる?

ワンダと巨像 強くてニューゲーム?クリア後のやり込み要素まとめ!

ぼくなつ4は面白いけど違和感がある?正体はリアルさ?時代の設定?

PS store『秘蔵の名作セール(2020年8月)』開催!まずまずの内容…

ディシディアFF NTのフリーエディションが配信!課金や引き継ぎは?

夏にプレイしたい!ノスタルジックからホラーなゲームタイトルまとめ