『フォーエバーブルールミナス』で自由気ままに海中探索!マルチも熱い!

Wii用ソフトとして2007年に発売された『フォーエバーブルー』。

2009年にはWiiで続編となる『フォーエバーブルー 海の呼び声』。

そして、前作から約15年の時を経てNintendo Switchで登場したシリーズ最新作『フォーエバーブルールミナス』。

海中で何かするゲームである事は何となく想像できますが、何を楽しむゲームなのか?

海が好き。

って書くと『うる星やつら』っぽいですが、まあ好き。笑

ということで、今回は『フォーエバーブルールミナス』はじめ、シリーズのゲーム内容についてまとめていきたく思います。

何をするゲーム?

https://www.youtube.com/watch?v=n7X0Xw0RPCQより

『フォーエバーブルー』シリーズは、

プレイヤーがダイバーとなってシンプル操作で広大で神秘的な海の世界を自由に泳ぎ回り、いろんなロケーションを探索する、いろんな魚を観察する、魚と一緒に泳ぐ、写真を撮影する、依頼をこなす、お題に挑戦する。

などなど。

自分のペースで、また、プレイスタイルに合わせたダイビングライフを楽しめるのが特徴といえる自由度の高い海洋探索アドベンチャーゲームです。

で。最新作『ルミナス』もゲーム性に大きな違いはなく、

様々な魚の発見/調査を行ったり海図を埋めたりと自由気ままに海中散策をするって感じですね!

ちなみに『ルミナス』では、

・ひとりでダイビング
・みんなでダイビング
・調査本部(ストーリー兼チュートリアルモード)

これら3つのモードが用意されており、自由に遊べるひとりorみんなでダイビングがメインモードと言えそうです。

補足

酸素の概念が存在しないのでサバイバル的なことをする必要がなく、大型生物が襲ってくることもないので平和にダイビングを楽しむことができる。

というのも本作の特徴ですね。

あと、海洋恐怖症/巨大魚生物恐怖症のお人は、もしかすると怖く感じるかもしれないので注意が必要かも?

自動生成のマップ

『初代』では南太平洋にある幻の島”マナウライ島”の海。

『海の呼び声(2)』では世界各地の様々な海や川。

そうなると最新作『ルミナス』では、もっと多くの海が・・・と思いきや。

今作の舞台となるベールド海は、潜るたびに姿を変える自動生成マップとなっており、

浅瀬、深海、洞窟、沈没船、遺跡、氷海、海底火山、サンゴ礁、そして海水域や淡水域など様々なロケーション(地形)を満喫することができます!

つまり、1つの海を網羅、もしくは、違う海を探索したくなったら新しい海に潜る。

というように、無限に広がる海を探索できるってことですね。

そして↓ここもポイントで、

自動生成マップではありますが、以前に潜った海を再度散策できる機能を備えています!

なので、1つ1つの海(マップ)をじっくり探索できるという点も結構嬉しいところなのではないでしょうか。



数多くの海洋生物が登場

『初代』は200種類、2作目『海の呼び声』は300種類以上。

そして最新作『ルミナス』では、大型から小型、そして実在する魚、絶滅してしまった古代魚、本作のオリジナル生物を合わせて

500種類以上

もの海洋生物が登場します。

その為、図鑑要素のコンプリートを目指す。

また、各生物の写真を撮ったりするとなるととてもやりがいあるのは間違いなく、ボリュームといった面も問題なさそうですね!

(地味に、初代と2作目は15年以上前に発売されたWii用ソフトなのに結構な種類の海洋生物が登場していることに驚いた)

マルチも熱い!

https://www.youtube.com/watch?v=n7X0Xw0RPCQより

多くの種類が生息する海洋生物を探したり、海の景色を見て回ったりと、自由気ままに海を散策できるゲームということで、

ひとりでじっくりまったりスローライフを満喫したい!という方は多いと思います。

もちろんそれもOKなのですが、

マルチプレイも捨てがたい!

というのも。

最大30人のプレイヤーと一緒に海を冒険できる”みんなでダイビング”では、

・同じマップにいる他のプレイヤーとマップ踏破率が共有される
・同じマップにいる他のプレイヤーの場所へ瞬時に移動できる
・珍しい生物やお宝にタグを付けることで情報を共有できる

このように、ひとりよりも各段に探索が捗る仕様になっているんです。

そして、

他のプレイヤーと何かを争う要素は無いですし、会話せずとも合図(ジェスチャー)を出すことで簡易的にコミュニケーションをとれることで、緩い繋がりで優しい世界が広がっています。

その為、マルチプレイに抵抗がある方でも遊びやすく気楽に楽しめると思います!



まとめ

・多くの海洋生物と様々なロケーションが広がる海の世界を自由気ままに探索できる海洋探索アドベンチャーゲーム

・自動生成マップが採用され、以前に潜った海を再度散策できる機能を搭載

・500種類以上もの海洋生物が登場

・ひとりでスローライフを満喫するも良し。緩い繋がりを感じられて探索が捗るマルチで遊ぶも良し。

こんな感じで今回の内容をザックリまとめてみました。

アドベンチャーゲームが好き、海や魚が好き、海を自由に探索してみたい。

そんなお人にはぶち刺さる可能性大の『フォーエバーブルールミナス』は、癒し・喜び・感動を味わえ、心も落ち着いて優しい気持ちになれるゲームではないでしょうか!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

アズールレーン一周年イベント内容は?PS4版は3Dで操作感もアップ?

バトルフィールド5が延期!?リリースはいつ?延期の理由は何?

ゴーストオブツシマ『目に見えぬ誉れ』の獲得に必要なお辞儀の場所!

フォームスターズが2月のフリープレイに登場!スプラとの違いや特徴は?

『ONI - 空と風の哀歌』ってどんなゲーム!?スモールワールドって何?

ボムラッシュサイバーファンクはどんなゲーム?イカした音楽も魅力?