DOA6ではセクシーからクール路線へシフト?やわらかエンジンは!?

男キャラは・・・・ともかく。女性キャラが可愛くて超セクシー!!

魅力的なキャラクター達が激しいバトルを繰り広げる対戦格闘ゲーム、通称「DOA」こと『DEAD OR ALIVE(デッド オア アライブ)』シリーズから来年2019年2月15日に発売予定の最新作『デッド オア アライブ 6』。

野郎的にちょっと残念な点が多い!?個人的に思う!最新作の路線やエンジンについて今回はまとめてみます。

クール路線へと変更!?


DOAといえば野郎キャラも数多く登場しますが、やはり女性キャラのセクシーさが印象強い作品です。私の中で。

しかし、最新作となる今作では露出が抑えられた衣装、スタイリッシュかつクールなカッコ良さを重視した作品となっているようです。

大きなアピールポイントでもあったセクシーさを完全に無くすとまでは行かないものの、クールへ路線を変更するという大胆な路線変更!!

一部?多数のファンが離れる可能性も出てきそうな思い切った決断ですね。

まあ逆に今まで「恥ずかしい感じがしてプレイできない」というユーザーも楽しめそうではありますが・・・・大人の事情ってやつなの?

対戦格闘ゲームとしてのクオリティも高かったですが、セクシーさを手放して本格的に格闘ゲームとして勝負するとなると、DOAシリーズのイメージをガラッと変えるものになってそう。ちょっと心配。

やわらかエンジンも・・・


『DOA5 ラストラウンド』などで搭載されていた「やわらかエンジン」。

人肌の柔らかさを表現し、お胸プルンップルンッ揺れる姿はとても話題になりましたね。

恥ずかしながら私も当時見たときは色々とテンション上がった記憶!!ぐへえ。

この魅力的すぎるやわらかエンジン、今作には搭載されておらず!!

なん・・・だと・・・・!?

ってショック受けたフリしてみましたが、どうやら今作ではやわらかエンジンに代わり、柔らかい質感を再現する新しいエンジンが搭載されているようです。

なので、プルンプルンは健在っぽいです\(^o^)/

クールになりつつも、こういった部分を残してくれる所は個人的にも嬉しいですわ。

さらに、キャラクターや背景などの綺麗さが増しているだけでなく、顔の表情もこれまで以上に豊かになり、より自然で人間らしさのある感情が伝わってくるようなリアルさも再現しているんだとか。

新エンジン・・・恐るべし!不気味の谷現象も起こりうる。

戦闘で姿も変化


戦いを繰り広げることで、体全体や服が汚れボロボロになる表現は今作でも取り入れられています。

これだけでも十分リアルだと感じますが、それに加え今作では、顔にも傷・血・汚れが付くようになっているようです。

また新エンジンにより、汗なんかも更にリアルにに描かれているとのこと。

どこまでリアリティを追求するのですか?レベルですね。いや、服の乱れはちょっと都合良すぎか┐(´д`)┌

個人的に思ったこと

やはりDOAはセクシーを貫き通してほしかったってのが本音。

そういった路線の人気タイトルの有名タイトルの対戦格闘ゲームってDOAくらいですもんねぇ。

クール路線の本格的に格ゲーにすることでファンが激減してしまうってことは無さそうですが、それでも不特定多数のファンは去っていくんじゃないかな?と。

新たに搭載されたエンジン効果がどう左右するのか?注目したい。

あと今作といえば、衣装変更は可能のようなのでどんな衣装が用意されているのか?発売後に追加ダウンロードコンテンツ(衣装)が来るとしたら、クール系なのか、セクシーなのか?この辺にも目を光らせておきたい所ですね。

まとめ

セクシーさが抑えられた衣装でクール路線の格ゲーへと生まれ変わり、さらに全体的なリアルさが向上したDOA6!

シリーズ初となる必殺技の「ブレイクゲージ」システムなども搭載されているようなので、これまでに無かった本格的かつ新鮮なバトルを楽しめそうですね。

これからまだまだ追加情報が公開されていきそうなので注目していきましょう!

引用元
https://www.gamecity.ne.jp/doa6/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウォーハンマー:Chaosbaneはディアブロに近いハクスラ!?評判は?

Anthem(アンセム)の評判とはいかに!?目立つ良し悪し点まとめ!

イモータル:アンチェインドは死にゲーで確定?やりこみ度は高そう!

魂斗羅ローグコープスはやりこみ要素満載!課金や追加コンテンツは?

キャサリン・フルボディの新モードが易しすぎ!?声優もかなり豪華!

EDF: IRON RAIN(アイアンレイン)の兵科や新要素情報まとめ!