『グラブルリリンク』は前知識無しでも楽しめる?声優は原作から続投?

2014年に配信が開始されたCygamesの本格スマホRPGで今なお根強い人気を誇り、漫画やアニメ化も果たした『グランブルーファンタジー』。

そんな本作を題材とした2024年2月1日(木)発売予定のPS4/PS5/PC向けタイトル『グランブルーファンタジー リリンク』。

約6年の延期を経て発売となるファン待望の作品ですね。

今回は、この『グランブルーファンタジー リリンク』のゲーム概要をはじめ、ボリュームや前知識の要否、声優についてまとめてチェックしていきます。

どんなゲーム?


https://www.youtube.com/watch?v=HbbDLmJUf9oより

スマホRPG『グランブルーファンタジー』の世界観はそのままに、お馴染みのキャラクター達による新たな物語が描かれる綺麗な3DグラフィックのアクションRPGとなります。

ゲームの大まかな流れは・・・

拠点となる街からメインストーリーを進めたり様々なクエストを受注して様々なフィールドを探索し、イベント/戦闘を熟しながら物語を追っていく

といった形となります。

基本的にストーリーはソロ専用ですが、拠点から受注できるクエストは最大4人による
マルチプレイが可能で、強敵を相手にした共闘で盛り上がれそうです。

そして、アクションRPGといえばの肝心な戦闘面は「通常攻撃・ガード・回避・アビリティ(スキル)・味方と連携攻撃・奥義」など。

アクションを駆使した爽快&迫力の戦闘が展開され、クセの少ない今時のアクションゲームといった感じの戦闘システムなこともあって、アクションゲームをプレイしてきているお人なら違和感なくプレイかと思います。

また、ストーリーを進めていくことで色々なキャラクターが使用可能になり、各キャラクターそれぞれ個性があってバトルスタイルも異なることで、幅の広いアクションが楽しめるのも魅力のひとつですね。

ボリュームは?

プレイヤー次第な部分はありますが、

メインストーリーのクリアまでは約20時間ほど!

なんだとか。

ここだけを見るとやや少なめな印象を受けますが、100以上用意されている様々なクエストやサイドストーリー、その他にもキャラクターの育成に装備の入手/強化のためにエンドコンテンツに挑んだりマルチプレイを楽しむ。

こういったやり込み要素も含めると、

100時間以上ものボリューム

とのことなので、やりごたえはあると思われます。

前知識は必要?

世界観や登場するキャラクターなど、原作をベースに作られている『グラブル リリンク』ですが。

・原作には登場しない地域が舞台
・オリジナルの物語が描かれる

このように、原作の物語(本編)とはまた別のお話が展開されることから、原作をプレイしたことがないお人でも楽しめる内容になっているようですね。

ただ、各キャラクターの設定/情報、また、キャラクター同士の関係性などについては、本作ではそこまで深堀されないかと思われます。

なので、細かい部分まで知りたい/理解したいというお人は、原作をプレイするなど前情報があった方がより楽しめるのは間違いないでしょう。

とはいっても、前知識が無ければ無いで先入観なく遊べて全てが新鮮に感じられる。

そう考えると・・・

原作未プレイのお人は無理して(あえて)詳しい情報を入れずに、ひとつの作品として楽しむのも全然アリ!

だと個人的に思います。

声優の変更はあるのか?

https://www.youtube.com/watch?v=objCP6zBbR0より

声優が変わればキャラクターの印象もガラッと変わり違和感を感じることが多い。

そんなこともあって、原作のファンまたプレイしたことがあるお人こそ重要視しているであろう声優情報ということで・・・

現在判明している登場キャラクターを演じる声優さんをまとめてみます。

キャラクター 声優
グラン(主人公) 小野友樹さん
ジータ(主人公) 金元寿子さん
ルリア 東山奈央さん
ビィ 釘宮理恵さん
カタリナ 沢城みゆきさん
ラカム 平田広明さん
イオ 田村ゆかりさん
オイゲン 山路和弘さん
ロゼッタ 田中理恵さん
ローラン 神谷浩史さん
シェロカルテ 加藤英美里さん
ヴェイン 江口拓也さん
カリオストロ 丹下桜さん
ガンダゴウザ 梁田清之さん
ジークフリート 井上和彦さん
シャルロッテ 名塚佳織さん
ゼタ 花澤香菜さん
ナルメア M・A・Oさん
パーシヴァル 逢坂良太さん
バザラガ 立木文彦さん
フェリ 米澤円さん
ヨダルラーハ 千葉繁さん
ランスロット 小野友樹さん
イド 津田健次郎さん
ガランツァ 山寺宏一さん
マギラフリラ 早見沙織さん
リリス 桑島法子さん

上記27名のキャラクターのうち、

ローラン、イド、ガランツァ、マギラフリラ、リリス

これら5名の本作オリジナルキャラクターを除いた、22名の原作に登場するキャラクターを演じる声優さんは続投しているようなので一安心といったところですね!



まとめ

原作を忠実に再現した3Dモデルの綺麗なグラフィックよる、爽快・迫力のバトルが展開されるクセの無いアクションRPG。

操作できるキャラクターが豊富でアクションの幅も広い。

拠点から受注可能なクエストでは最大4人でもマルチプレイが可能。

ストーリーのクリアが約20時間、やり込み要素を含めると100時間超えのボリューム。

原作には登場しない地域が舞台&オリジナルストーリーで、前知識なしでも楽しめる。

原作に登場するキャラクターの声優は続投。

最後に今回の内容を簡単にまとめてみましたが、ぶっちゃけ、実際に遊んでみないとわからないですよね!

ってことで、PS4とPS5では体験版が配信されているので、気になるお人はプレイしてみてから購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヴェンデッタは視点変更が自由自在!?キャラクリも自由度が高め!

【スマホ版】デッドバイデイライトはPC版を完全再現?操作性は!?

モンハンナウはお手軽バトルで便利機能も?モンスターや武器の種類は?

聖闘士星矢シャイニングソルジャーズβテスト版プレイ感想!あり!?

『Tales of Seikyu』ジャンル爆盛り?ほのぼの生活と戦闘要素を楽しめ...

ゲームギアミクロを大画面でプレイする方法はある?価格は高め!?