ジャッジアイズは龍が如くにかなり近い!?体験版プレイした感想!

2018年9月10日にセガゲームスから龍が如くスタジオの最新作となるPS4用ソフトが電撃発表されました。

木村拓哉さんそっくりの主人公・・・っていうか本人がモデルやないかーい!(ノリツッコミ)

ドラマ「グッドラック」の木村さんに憧れた私としても気になる!!2018年12月13日発売予定のゲーム『ジャッジアイズ:死神の遺言』の登場キャラや基本情報、体験版をプレイした感想などまとめていきます。

ストーリー


まずはストーリーについてザックリまとめると、

八神隆之は15歳の時、弁護士だった父親が担当した殺人事件の裁判の結果から被害者遺族の恨みを買い、父と母の命を奪われる。

この事件以来、神室町で自暴自棄の青年時代おくる八神だったが、様々な人と出会い支えられ、父親と同じ弁護士の世界へと飛び込み、ある殺人事件の弁護を担当することになる。

そして見事に無罪を勝ち取ったその矢先、無罪放免となった元容疑者・大久保新平が恋人を殺害!

八神は“凶悪な殺人鬼を野に放ったインチキ弁護士”とレッテルを貼られる。

…その数年後、八神は弁護士を辞めて神室町で「便利屋」もどきの探偵としてひっそり生きていく。

そんな中、神室町で猟奇的な殺人事件が次々に発生。

かつて所属していた法律事務所からの依頼を受け、八神は連続殺人事件に深く関わっていくことに。その事件が自分の運命を変えると知る由もなく───

こんな感じです。

なんというかドラマ(深夜枠)とかで実写化いけそうな?ありそうなないようなストーリーですね。

ストーリー読むまではドラマ「HERO」の強烈設定版位に思ってましたが、違いました。

キャストが豪華すぎる!

ジャッジアイズは木村拓哉さん以外にも豪華キャストが出演しています!!

早速まとめてみます。

■八神隆之(やがみたかゆき)役/木村拓哉


本作の主人公。元弁護士であり神室町で「何でも屋」のような存在の探偵事務所を営んでいる。

■源田龍造(げんだりゅうぞう)役/中尾彬


弁護士だった頃から八神のことを気にかけている弁護士。

■羽村京平(はむらきょうへい)役/ピエール瀧


自己中心的で策略家。東城会系三次団体松金組の若頭。連続殺人事件が発生したことで八神に関わってくる。

■黒岩満(くろいわみつる)役/谷原章介


八神を良く思っていない神室署組織犯罪対策課の敏腕エリート刑事。

■綾部和也(あやべかずや)役/滝藤賢一


黒岩満と同じく神室署組織犯罪対策課の刑事。金が関わってくると捜査情報も横流しする悪徳警官。

 

ありきたりな感想で申し訳ですが、言う。凄い豪華!!そして、なにより再現度が凄い。

流石の龍が如くスタジオクオリティです。

ただ、ずっと見ていたら不気味の谷現象に陥りそう( ゚Д゚)

調査アクションそしてバトルも楽しめる


本作は調査アクションを駆使することになり、聞き込みや追尾・尾行の他にも様々なアクションを行い、証拠を集め事件の真相を暴いていく。といった流れになっているようです。

ですが、この調査アクション以外にも調査中に妨害を受けることでバトルに突入することもあるので、調査とバトルが両方楽しめるゲームとなっていますよ!

龍が如くの如く(重言?)スーツの人に絡まれたりとかもあるのかも?「ちょまてよ」みたいな。

やることがいっぱい?

メインストーリーにも、サイドケースと呼ばれるサブクエスト的なものが存在し、住人から依頼を受けることもできます。

めんどくさいよ!と思われる方は無視でも大丈夫そうですが、探偵としての能力を上げることが出来るようなのでなるべくはこなしていきたいところです。

また、様々なミニゲームも用意されているとのこと。


すごろく?人生ゲーム?近未来的なゲームですね・・・

なので、いろんな楽しみ方ができそうですよ!

体験版から感じたこと(感想)

現在プレイステーションストアにて配信されている体験版をプレイしてみての感想です。

口が動いていたり表情が変化した時でも顔のグラがおかしくなったりせず、まんま本人と言えるほどの美しさは感動レベル!(八神のモーションアクターは木村さん本人だとか)

舞台やバトルシステムに関しては、神室町が舞台というだけに龍が如くに登場する神室町の構造に近く、バトルシステムはかなり似ていると感じました。

プレイしていてはじめは、龍が如くシリーズをプレイしたことがある方からしたら新鮮味がないのかなぁ?なんて思ったりも。

しかし「尾行ターゲットサーチモード」、「尾行」、「アクティブサーチモード」、「チェイス」といった調査アクションを体験したところ龍が如くとは違った雰囲気も楽しめました。

ただ引っ掛かる所もあります。

上記4つの調査アクションが用意されていたのですが、その内の一つ「尾行ターゲットサーチモード」は、キャラクターを動かして怪しい人物を探し回るのではなく!一人称視点になって画面を動かして探りあてる。

といったものだったので物足りない感がありました。

尾行」については、少しテンポが悪い気もしましたが、ターゲットに気づかれずに付いていくのこそが目的なので、その辺は仕方ないのかな。

と。

体験版をプレイした限りでは、龍が如くに調査アクションがプラスされた。というのが私の感想です。

参考程度に見ておいてね。

まとめ

探偵である八神隆之を操り、龍が如くスタジオらしさが光るバトルに加え、調査アクションを駆使して事件の謎を暴いていく、といった探偵らしい行動を体験できる。

そしてサブクエストやミニゲームも満載で長く遊べるであろう、探偵が如く・・・あ、違った『ジャッジアイズ:死神の遺言』の今後の情報に注目しつつ、発売日を楽しみに待つとしますか!

引用元
http://ryu-ga-gotoku.com/judgeeyes/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グランブルーファンタジーリリンクのバトルが熱い!登場キャラも確認

ワイスピ(Fast & Furious Crossroads)の前評判が微妙?原...

どこでもいっしょとは?最新作トロとパズル情報と合わせてチェック!

アークレゾナってどんなゲーム?良い所・不満点まとめ!面白い??

ワールドフリッパーのリセマラ方法や確率は?星5出現の体感は○%位?

バイオハザードRE:2とオリジナル版の違いはどこ?CERO-Zもあるよ