「大神」はSwitchと相性抜群?人気キャラ投票結果は?続編についても

「大神降ろし」の美しさはまさに圧巻の一言!!

2006年に発売されてから現在に至るまで、数々の賞を受賞してきたCAPCOMのザ・和ゲー『大神』 。

近年、移植版のリリースが目立つ作品の内一つでもありますね。

中でも今月発売された『NINTENDO Switch版』はかなり相性も良さげ!!(未プレイの)私がそう感じる大きな理由、そして待ち続けるファン多数の続編の有無について今回は触れていきます。

Nintendo Switch版の魅力。

PS2/PS3(絶景版)をプレイした身の私が、Switch版と相性が良いかも!?めちゃ新鮮やね。※美麗とかは省く。

と感じたのは特定の模様を描くコトで記憶した様々な術「神通力」を使用出来るシステム『筆しらべ』!!

Switch携帯モード時、タッチスクリーンに・・・


※出典:Nintendo Switch『大神 絶景版』PVより

直接タッチして『筆しらべ』を行えるというポイントです。

コントローラーでも慣れれば無問題ですが、直接描くに勝る精度と得られる描いたった感はコントローラーにはない良さと言えます。相性的に見てもそうですが、なにより大神の醍醐味を直に味わえるって所が堪りませんね。

ミニゲーム。特に「釣り」においては、ジャイロ操作の方がしやすそう&楽しめそうなので、そこは臨機応変にモードを変更してプレイしたい所だ。

人気投票ランク(公式&非公式)


※出典:公式ビジュアルより

結構意外!?

2018年7月に公式Twitterにて開催された人気投票の結果をまとめます。

・1位:アマテラス
・2位:オキクルミ
・3位:ウシワカ
・4位:イッスン
・5位:疾飛丸
・6位:ツヅラオ
・同率7位:スサノオ
・同率7位:壁神
・同率9位:サマイクル
・同率9位:濡神

後半の同率具合!

上位は主人公を筆頭に女性人気も高そうなメンズキャラ陣が固めていますな。バランスが取れていていい感じの結果だ!

では、ここからはゲーム野郎的、いや私的な独断と偏見による(非公式)ランキングを作ってみます。

1位:サクヤ
2位:シャクヤ
3位:アマテラス
4位:フセ姫
5位:ヒミコ
6位:ツヅラオ
7位:ハルカ(トイレの人)
8位:断神(たちがみ)
9位:ジャンバ太夫
10位:キュウビ

1位〜7位までは何となく察してほしいぞ。

以下順位の理由はこう。

8位「断神」はシンプル故の利便性。バトル時に神器攻撃とも繋げやすいって理由で。

9位「ジャンバ太夫」は、ビジュアルと台詞「ヂュン」のインパクト。

10位「キュウビ」は、ビジュアルと登場時のプレッシャー、能力「邪魔しらべ(仮)」と総合的に見たボス感にそそられました。

・・・以上です。

新作・続編について

友「大神が出るぞー!」
私「うおーーーー!!」
友「絶景版が。」
私「ええね(゚∀゚)」

友「大神が出るぞー!」
私「くぁwせdrftgyふじこlp」
友「移植版が。」
私「まあまあ(´・ω・`)」

友「大神が出るぞー!」
私「きたきたキタサンブラック(゚∀゚)」
友「移植版が。」
私「おう(´・ω・`)」

友「大神が出るぞー!」
私「ようやくか」
友「移植版が。」
私「( ˘ω˘)スヤァ」

友「え?」
私「え?」

これまで友人とこんな感じのやりとりを幾度となく繰り広げてきました。もうもめそうな位に。

さておき。

現在に至るまでの途中、

「月面編」が発売!?

・・・みたいな噂もありましたが、噂止まり。何事もなく尚もリリースされない新作・続編。

2018年8月現在も新作・続編の話はありません。

新作・続編、私もいつかプレイしてみたいという気持ちはあります。しかしストーリーから雰囲気、バトルにキャラまで。色々な意味で「大神」を越えられる気がしない!!

「大神」はあれ(無印)で完成しているのでは?とも思いはじめていたり。

もちろん新作・続編がリリースされるなら嬉しいですが、「大神」の完成具合を思うと何とも言えない気持ちになります・・・

その前に!この子の存在を思い出してほしい!!


※出典:大神伝 大神伝 〜小さき太陽〜より

ミニアマテラスちゃまを操作する無印の続編にあたる『大神伝 〜小さき太陽〜』っていう作品が2010年9月にDSでリリースされているコトを!

「大神」に比べてやや設定がガバい所や爽快感に欠ける部分はありますが、グラや雰囲気はそのままでキャラに関しては可愛さに磨きが掛かってると言ってもいいレベル。

言うてこちらもかなり楽しめます。恐らく無いでしょうが「大神伝」をPSハードに移植してほしい位に!!

ちょっと期待薄な気もしますが、新作・続編、あるいは「大神伝」含むスピンオフ的な作品が今後リリースされるのか注目、期待ですね。

プレイ可能ハード多し。

最後!これから大神をプレイ、またはリリース歴を確認したい・・・って方がいるかもなので(対応)ハードについて年代と合わせて見ていきます。

2006年4月「PlayStation 2」用ゲームソフトとして発売以降、2008年〜2009年にかけて「Wii版」、2012年11月「PlayStation 3」用のHDリマスター版”絶景版”が発売。

さらに5年後の2017年12月「PC版(Steam版)」、続けて「PlayStation 4版」&「Xbox One版」が発売。そして今年2018年8月9日「Nintendo Switch版」が登場!!

という具合に、2006年から現在に至るまでに

PS2/PS3/PS4/Wii/Xbox One/PC(Steam)/Switch」と。

対応ハードを増やしつつ、一本のソフトをひたすらにリリースしているという・・・もう現代の主力ハードを持ってたらほぼほぼ遊べるって勢いです。

プチ感想

1〜2年に一回ペースでプレイし返したくなる程に面白い「大神」。私も今回記事書いてたらちょっと疼いてきました。

なのでPSでプレイするか、Switch購入してプレイするか?今からガチ迷いしますわ。

そして新作・続編、スピンオフの発売を待つわ。いつまでも。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

HUNTER×HUNTERグリアドのストーリーが濃い?スフィカ声優情報も

ワンピース海賊無双4の発売が決定!新作ほか歴代登場キャラ情報も

Anthem(アンセム)アップデート1.04の内容まとめ!バグ改善ほか…

侍道外伝 KATANAKAMIは面白い?つまらない?良い点・不満点まとめ

無双OROCHI3 Ultimateの新要素は?ストーリーや新キャラ参戦ほか

期待の新作アプリ(ゲーム野郎的)おすすめ5選!内容や配信時期も!