『ARK: Survival Ascended』ってどんなゲーム?オリジナル版との違いは?

男心をくすぐる生き物。

そう。あのデカくてカッコイイ恐竜。

実際に目にするとおしっこチビるどころの騒ぎではない恐さなんでしょうけど、現代に恐竜のような大型動物がいないからこそ多くの人が興味を持つ憧れの存在なのでしょうね。

さて今回は、恐竜にちなんで。

2024年4月18日(木)にPS5向け『ARK: Survival Ascended』のパッケージ版が発売されるにあたって、ゲーム内容のおさらいや旧作(オリジナル版)『ARK: Survival Evolved』との違いについてチェックしていきます。

『ARK』ってどんなゲーム?

https://www.youtube.com/watch?v=VXheDxqYEGAより

2015年6月にSteamでアーリーアクセス版→2015年12月にXbox Oneでプレビュー版(欧米)→2016年12月にPS4でアーリーアクセス版(欧米)→2017年8月にPS4で正式版→2023年2月にNintendo Switch版。(アプリ版もある)

というように、様々なプラットフォームで展開されている、数あるオープンワールドゲームの中でも根強い人気を誇る『ARK: Survival Evolved』。

ティラノサウルス、プテラノドン、トリケラトプス、などなど……

様々な恐竜などの古代生物が生息する島を舞台に、何も持っていない裸一貫のプレイヤーが広大なフィールドや洞窟を探索し、狩りや採取で食料・資源・素材を集めて空腹を満たしつつ武器/防具や拠点を作る。

また、いろんな恐竜を観察するも良し、勇敢に立ち向かうも良し、死に物狂いで逃げるも良し、手懐けてペットにするも良し。

そうしながら、過酷な世界を自給自足で生き抜き謎を解いていくオープンワールドサバイバルアクションアドベンチャー

サバイバルアクションとして楽しめるのはもちろんのこと、

コレクション/トレハン欲を掻き立てられ、あれもこれもといろいろやりたくなってしまう時間泥棒で病みつきになるようなゲームですね。

ちなみに『ARK: Survival Ascended』も基本的なゲーム性・ゲームシステムは同じとなります。

敷居が高い?難しい?

すぐデスる、恐竜が強すぎ、時間がかかる、ソロだと厳しい

等など。

個人的に、敷居が高い・難しいというイメージがあるのですが、多くのアップデートによって初期に比べると遊びやすさは確実に向上している。

また、『ARK: Survival Evolved』では、

自分だけ、もしくはフレンドと一緒に遊べるシングル/ローカルプレイと、数多くのサーバーから選んで遊ぶ大人数マルチプレイ(PvPとPvEがある)

これらのプレイ方法(モード)が存在し、

シングル/ローカルプレイ

ゲームの調整/設定を行って自分に合った設定で遊ぶ。

細かく調整/設定が行え、かなりの低難易度化も可能。

マルチプレイ

マルチプレイでは、他のプレイヤーに直接ダメージを与えることができない【PvE】サーバーや、国内サーバーを選んで遊ぶ。

PvPサーバーでは、ログアウトしていても自分やペットが殺されていたり、拠点が破壊されていたりすることも珍しくないので(当たり前)、初心者は基本的に平和なPvEがおすすめだそう。

こうすることで、基本的にはのんびり平和に遊ぶことができると言われていますよ!

旧作との違い・追加要素は?

https://www.youtube.com/watch?v=VXheDxqYEGAより

『ARK: Survival Evolved』を次世代機向けにリマスターした『ARK: Survival Ascended』ですが、

どのような違いや追加要素があるのか?

そこについてまとめたものがこちら。

・地形が変化
・恐竜のAI強化
・マップの追加
・フォトモードの追加
・MOD機能の導入が可能
・新生物(恐竜)の追加
・詳細化された追跡システム
・野生の赤ちゃん恐竜が登場
・オートクラフトのON/OFF機能追加
・新しいアイテム/資源の追加や見た目の変更
・新たな(HUDなし)三人称視点カメラに切り替え可能
・”Unreal Engine 5″になったことでグラフィックが進化
・建築システムの変更により建築物が作りやすくなっている
・機能・見やすさ・使いやすさが向上したUI(ユーザーインターフェイス)
・PC(Steam)、Xbox Series X/S、PlayStation 5でのクロスプレイが可能

旧作(オリジナル版)となる『ARK: Survival Evolved』からの変更点が多く、グラフィックやシステム面が大幅に強化されている『ARK: Survival Ascended』は、かなり遊びやすくなっているのは間違いなさそう。

また、今度も多くのアップデートが予定されているので、2024年末に発売延期となっている『ARK2』までまだまだ遊べそうですね!



まとめ

・恐竜が生息する島で何もない状態から、食べ物の確保、素材/資源の採取、武器防具の製作、建物の建築、恐竜をペットにしたりと、自給自足で生き抜くオープンワールドのサバイバルアクションアドベンチャー。

・細かなゲーム設定やサーバーを厳選することで自分に合わせた世界/サーバーで遊ぶことができる

・グラフィックの進化をはじめ、数多くのシステム面の向上や追加要素により、旧作(オリジナル版)と比べてより美しく、より快適に、そして遊びやすくなっている。

今回の内容をザックリまとめるとこんなところでしょうか。

『ARK』のはじめたては、わけも分からず死んだり肉食恐竜に一瞬で殺されたりでクソゲーと思われるプレイヤーも少なくないと思います・・・が!!!

序盤でやるべきことを知っておけば、だいぶ世界が変わって楽しめると思うんです。

ってことで、結構詳しく解説してくれている”スパイク・チュンソフトの「ARK 序盤攻略サバイバルガイド」”を参考にしてみてはいかがでしょうか↓

https://www.spike-chunsoft.co.jp/ark/switch/survival/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

FFCCリマスターはクロスプレイ対応でマルチが熱い!ほか新要素は?

けものフレンズ3 アプリ&カードゲーム情報!ショートアニメも確定?

デビルメイクライ5の体験版プレイした感想!かなり良さそう!?

ニンテンドーラボVR KIT情報!ほかラボの耐久性や破損時の対処法も!

『桃太郎電鉄ワールド』は球体マップを搭載!遊んで学べる万能ゲーム?

ドラゴンボールZ KAKAROTはフリーザ篇まで?バトルシステムは?