【BF2042】プレイ動画の感想!BF3やBF4に近い感覚で楽しめるかも?

遂に、プレイ動画が公開された『バトルフィールド 2042』。

トレーラーの公開時点で既にテンションは上がってましたが、今回のプレイ動画を観るとどこぞの最強の兄のように拳を天に突き上げて昇天しかけるとこでしたわ(≧▽≦)

これは、良き時代のBFが帰ってきたか!?

ってことで、プレイ動画を観て感じたことをサラサラ~と記していこうかと思います。

撃ち合いについて

多くの『BF』シリーズファンが気になっているのであろう、銃を撃つときの操作感というか感覚?

『BF1』からリアルさを意識してか、撃つとガツガツガツ!!!って感じで1発1発の反動が大きくなりました。

そのせいで銃の制御が難しく「敵に弾を当てづらくなった!」と感じていたのはゲーム野郎だけではないはず。

しかも、スコープ自体が見づらくてバリエーションも無いわ、そもそも『BF1』ではスコープすら無い武器があるわで、見づらい&難しいのダブルコンボ・・・

まぁ時代設定があるのでその辺は仕方ないのかもしれないですが、反動だけはどうにかなったのではないかと。

でですよ!!!今作はどうなんだ???

って話ですが、数秒と短いながらも映っていた撃ち合いシーンを観たところ、

  1. スコープが見やすい
  2. 撃った時の反動が小さい

という、上記のゲーム野郎的に不満たらたらな仕様とは異なり、精度が良く弾を当てやすそうな印象で『BF4』に近い感じのように思いました。

もし本当に『BF4』に近い仕様なら、距離が離れている敵に対してアサルトといった連射武器でも倒しやすくなるはず。

そうなると、撃ち合いが面白くなるのは間違いなし!?

他に、撃ち合いではないですが、スライディングも健在のようですよ!

搭乗兵器について

今回のプレイ動画で操作している場面が映された搭乗兵器は戦車(武装トラック?も)と攻撃ヘリ。

ってことで、まず戦車から。

『BF1』からは基本的に動きが鈍く、操作が重たいイメージのあった戦車。(BF5では早い戦車もある)

そして、ちょっとした段差を乗り越えられなかったり、滑り落ちたり、スタックして身動きが取れなくなったり、などなど……

とにかく扱いづらさがありましたが!!!

今作では車を潰しながら乗り越えたりできて機動性が増していることが確認できます。

後は、操作性が大幅に向上し、初心者から上級者まで扱いやすくなるであろうスピードアップができる急加速の機能ですが、2042年が舞台ってことで搭載される可能性は大いにあるのではないでしょうか。

武装トラック?に関しては、いつもながらスピード感に溢れ、ブイブイ言わしバチバチ撃ちながら走り回れそうです。

 

次に攻撃ヘリ

攻撃ヘリは『BF4』までしか登場していませんが、

UI、そして対地・対空の戦闘シーンはかなり『BF4』に似ている感じでしょうか。

操作に関しては分かりませんが、そこまで変わりはないと思われるので、『BF4』で乗り回していたプレイヤーなら違和感なく操れるかもしれませんね!

C4特攻が復活!乗り降りは一瞬か?

『BF5』では乗り降りのモーションがあるというリアル寄りの仕様のため、

  • 乗り降り中に倒される
  • 思ったところ降りれない
  • 次の行動に素早く移行できない

などのような事が起こり、特に、戦闘機系からの脱出は戦闘区域外で降りてしまうことが多々あったり……と。

とにかくいろいろと不便でした。

一方『BF2042』のプレイ動画では、『BF4』でお馴染みであるC4特攻をするシーンがありました!

C4特攻とは、自分たちが乗るバギー等にC4を引っ付けて敵戦車へ突撃し、衝突する前に降りてC4を起爆させ戦車を壊す(ダメージを与える)、といったもの。

C4特攻をするには、乗り物への乗り降りが即座に行える仕様でなければ難しいという点があります。

一方、動画ではC4を起爆するプレイヤーが運転手ではない別のプレイヤーではありますが、バギーに乗っていた兵士は短い距離で素早く降りているように見えるので、『BF4』に近い感覚で乗り降りができそうです!!!

なので“C4特攻”の復活とともに、瞬時に乗り降りが可能なのではないかと思われます。

てか、そうであってくれ(*´ω`*人)オネガイ♪

いつでも武器のカスタマイズが可能

これまでのシリーズだと、戦場へ出撃する前の待機画面で武器を選びアタッチメントを交換する仕様でした。

しかし今作では、戦場に出ていても現場で素早く武器のカスタマイズができるようになっています。

ということは、その場その場で状況に応じた戦い方ができるという訳ですね!

ゲーム野郎の予想では、アタッチメントの種類が多いのであれば現場で選ぶにはゴチャゴチャしちゃいそうなので、待機画面で数を絞ってあらかじめセット(選択)するスタイルになるのかな?と思ったり。

種類が少なければそんなことをする必要も無いんでしょうけど、やっぱり選択の幅が広い(種類が多い)ほうが良いですよね!

もしかすると、現場で拾ったりも・・・?

まぁ、そういったバトロワ要素は無いとは思いますが、その辺の仕様がどうなっているのかも気になるところですね。

特殊技能にはクールタイムあり?

これまでの役割が異なる兵科を選択するのに対し、『BF2042』では兵科を選択するというより、固有の特殊技能を持つ(スペシャリスト)キャラクターを選んで出撃する。

といった新たな仕様になっているようですね。

そして、今回の動画では特殊技能「グラップリングフック」を使うシーンが観れたんですが、立体的な動きが可能で高い場所へもビヨ~ンと行けてマジで面白そうです!!!

『BF』シリーズでよくある高所から一方的に撃た下ろされるシーンでは、「グラップリングフック」を使って逆に裏を取ることもできそう。

こういった特殊技能によって戦いの幅がかなり広がっているのは間違いないでしょうね!

そして「グラップリングフック」ですが、弾数が「∞」になっていたので使用回数に制限はなく無限に使える模様。

しかし流石に連続で使用することはできず、クールタイムが発生して再度使用するには一定時間が過ぎるまで待つ必要があるようです。

この仕様(クールタイム)はほとんどのスペシャリストの専門技能に該当しそうではありますね。

気になった点

ゲーム野郎的に気になったのは、

スポットシステム

これがまず1つ。

スポットは、敵にマーカーを付けて居場所を味方に知らせるためのもので、ミニマップだけでなく敵の頭上にもマーカーが表示されます。

その為、敵の場所が分かりやすく視認性の良さに大きく貢献する。また、その時その時の戦い方(立ち回り方)も変えたりできるのも良いところですよね。

しかし、今回のプレイ動画では敵にスポット(マーカー)が付けられているようには見えなかったってのがかなり気になる&心配(;´Д`)

そしてもう1つは、

全体的な視認性

スポットが搭載されれば視認性の向上にも繋がりますが、元々の見やすさも大事!!!

色合いや薄暗さで敵がマップと同化して見えたり、キャラクターのサイズが小さくて少し離れたら豆粒みたいになる。

その結果、とにかく敵が見づらいってのはゲーム野郎の中では本当に論外。

リアルなのはわかるけど、ゲームなんだしそこはストレスなく楽しませてよ!って思う。

で、『BF2042』の視認性はそこまで悪くないっぽい?

環境変化によって見づらくなっている場面はありますが、今のところそれ以外はそこそこ見えるし、キャラクターのサイズも極端に小さいようには思いませんでした。

その辺は人によって違うとは思いますが、とにかく敵が見やすい(視認性が良い)ことを願うばかりですね!

まとめ

『Battlefield 2042』・・・控えめに言ってクッソ面白そう!!!

まぁ、トレーラーやプレイ動画を観ただけなので、本当の臨場感や操作感、その他もろもろの細かな仕様や要素は分かりません。しかし、

人気の高い『BF3』や『BF4』に似ている感じで、それらに近いプレイングができるのではないか?

そうな気がしているゲーム野郎。

そして、単に人数が増えマップが広くなるだけでなく、建物同士を繋ぐジップラインが張られていたりと、マップ全体を使った戦いが展開される点も注目していきたいですね!

最後になりましたが、『BF1』や『BF5』のシステムや仕様が悪いってわけではなく、それはそれで面白かったりするのであしからず!!!

引用・出典元
https://www.youtube.com/watch?v=WomAGoEh-Ss

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BF5 斥候兵(ボルトアクションライフル)のオススメ専門技能について

BF1 第二章フィールドマニュアルとコーデックス記事入手情報まとめ

初心者向け!BFでデス数を減らせるかも?気をつけたい行動まとめ!

BF5 衛生兵(SMG・カービン)のオススメ専門技能について!!

BF1 第四章フィールドマニュアルとコーデックス記事入手情報まとめ

『BF2042』スタンダードのPS4版をPS5へアップグレードできるのか?