オクトパストラベラーの新作がアプリで登場!グラフィックが素敵!!

先日、夜に帰宅して自分の部屋に入ったところ、帽子をかぶった人影のようなものが目に飛び込んできました!!!

それに対して心臓が止まるかと思うほどビックリしたんですが、よくよく見ると服と帽子を掛けておいたポールハンガーだったっていう・・・(〃ノωノ)ハズカシィ

その日を境に、入ってすぐ目に入る場所には置かないようにしたっていう話はさて置き、今回は『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』について触れていきたいと思います。

『オクトパストラベラー』がアプリで登場


スクウェア・エニックスからNintendo Switch用ソフトとして2018年7月13日に発売され、日本のみならず海外でも高い人気を誇る『OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)』。

そのシリーズ最新作(第2作目)となる『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』がスマホ向けアプリとしてリリースされるコトが発表され、同時に事前登録の受付も開始されました。

今作は”8人の主人公たちが旅をしたオルステラ大陸の数年前のストーリー”が描かれ、

・富(強慾の魔女 ヘルミニア)
・名声(劇作家 アーギュスト)
・権力(英雄 タイタス)

これらが君臨する3つの物語から選んで始めることができるようです。

それぞれ物語がガッツリ異なり、それぞれにエンディングがあるのか?それとも最終的には共通ルートのようになるのか・・・といった点も気になるところ。

そんな今作ですが、どうやらSwitch版の評価が高かったためかアプリとしてではなく、据置型ゲーム機用ソフトとして出してほしかったという声が結構挙げられていたりしているみたいですね。

それだけ注目度も高く期待されている方も多いということなんでしょう!

好評のグラフィックは健在

Switch版で好評だった、

・洗練されたドット絵
・3DCGの画面効果(エフェクト)

これによる「HD-2D」に画面奥のぼかし効果などで、ドット絵をベースにしながらも立体感のあるグラフィックはアプリ版にも採用されています。

オクトパストラベラーの特徴のひとつでもある幻想的で美しい映像をスマホでも体感できるのは嬉しい限り!

あと、画面の見やすさがアップしていれば更に良しってところでしょうか。

バトルやフィールドで出来ること

今作のバトルは、8人パーティーで前衛と後衛を入れ替えながらの戦略性の高いバトルが展開されるとのこと。

8人と聞くと、各メンバーのアクション(行動)を選択するのが面倒臭そうに思いますが、スマホならではの操作で軽快に行えるようです。

前のターンでとった行動を、ワンタップで次のターンでも同じ行動がとれるような機能なんかもあったりするのでしょうか。

そしてフィールドでは、人々(NPC)と会話することで情報収集、仲間を雇う、物をねだる、といった事ができるようになっています。

これはストーリーを進めていくうえで重要であり、RPGらしい要素といえますね!

まとめ

グラフィックは各場面の雰囲気やゲームの没入感に関わってくる重要なポイントですし、「HD-2D」という特徴ある美しいグラフィックはやはり注目すべき点!

ではありますが、

・選択したものにより内容が異なるストーリー。

・8人と大人数ながら軽快性・戦略性のあるバトル。

・コミュニケーションをとれるフィールドコマンドを搭載。

などで、これぞRPGといった要素もしっかり詰まった内容ときたら期待せざるを得ない『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』。

シングルプレイRPGということもあり、どっぷりハマり込めそうな予感がぷんぷんしますよね(≧◇≦)

ディザーサイトでは今後、キャラクター情報やシステムの詳細も公開されていくようなのでこまめにチェックしていきましょう!

ティザーサイト:https://www.jp.square-enix.com/octopathtraveler_SP/

出典・引用元:https://www.youtube.com/watch?v=CB0ECPgcob8

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Witch's Weapon-魔女兵器ってどんなゲーム?基本情報をチェック!!

初代妖怪ウォッチがSwitchで復活!3ds版との違いは?購入特典情報も

エースコンバット7がリアル過ぎ!空戦機動でバトルが熱い?VR対応は?

Project Babel(プロジェクトバベル)はゴリゴリのRPG?神ゲーの予感

アズールレーン一周年イベント内容は?PS4版は3Dで操作感もアップ?

Anthem(アンセム)ランドマーク&隠し場所まとめ!画像で確認!