『龍が如く7 外伝』の主人公は桐生!バトルシステムやボリュームは!?

極道の世界を舞台に、

欲望と暴力、そして、愛・人情・裏切りの中で巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様(人間ドラマ)を描く。

そんな『龍が如く』シリーズの新作『龍が如く7 外伝 名を消した男』において、個人的にびみょ~に気になるところについてチェックしています。

『龍が如く8』へと続く外伝作品

https://www.youtube.com/watch?v=xSioRcDrWio

本作は、

大阪・蒼天掘を舞台とし、長きに渡って『龍が如く』シリーズの主人公を務め、多くの人を魅了した”桐生一馬”を視点にした『龍が如く6』以降の空白の物語。

いわば、

『龍が如く7』の裏で起きていた出来事に迫る内容で、ナンバリング最新作『龍が如く8』へと繋がる物語が描かれる外伝作品となっています。

その為、『龍が如く』シリーズをそこまで知らないよ~って人は本作の内容(特にストーリー)を十分に楽しむことができず、置いてけぼりをくらう可能性があるかもですね。

帰ってきた喧嘩バトル

https://www.youtube.com/watch?v=xSioRcDrWio

ゲームタイトルに『7』が付いていることもあって、『龍が如く7』と同様のライブコマンドRPGバトル採用か?

と思われる方も居ると思いますが、本作は、

桐生一馬らしいゴリゴリの喧嘩スタイルで敵を蹴散らす”アクションバトル”

が展開されます。

なので、『7』のライブコマンドRPGバトルはあれはあれで良かったけど、『龍が如く』はやっぱり喧嘩アクション!

という方にとっては朗報となっていますね。

そんな本作のバトルでは、殴る蹴るを主体にした喧嘩殺法である「応龍」以外に、ワイヤーやドローンなど小道具を使ってスピーディに敵を制圧する新バトルスタイル「エージェント」が追加されています。

これにより幅の広いバトルが楽しめ、小道具による新たなバトル演出も見れるのではないでしょうか。

ボリューム

ストーリーやシステム面はもちろんそうですが、ボリュームも結構気になるところではありますよね。

で。どれほどになっているのかというと・・・

探偵もので木村拓哉さん主演の『LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶』のダウンロードコンテンツとして配信された『海藤正治の事件簿』よりは多いそうで、

ナンバリングタイトルの半分ほど

といわれています。

プラス、ミニゲーム・プレイスポットも用意されており、いろいろと遊べる要素は盛り込まれているようなので、全体的なボリュームは少なめだけど遊びやすい内容って感じですかね。

それでお値段が税込5,940円

これを「高い」と取るか、「そんなもん」と取るかはアナタ次第!!!

対応機種と発売日

本作に対応している機種は、

PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X/S、PC。

Xbox One、Xbox Series X/S、PC(windows、Steam)はデジタル版のみの販売。

そして発売日は、

2023年11月9日に決定しています。

特に、最近機種じゃなくても遊べる点は個人的にGOOD!( ´∀`)b

まとめ

圧倒的人気を誇り、『龍が如く』シリーズにはやっぱり外せない漢、桐生一馬が帰ってくる『龍が如く7 外伝 名を消した男』。

単純に、ナンバリング最新作の『8』へと至る物語が気になる!

また、『8』では春日一番とのダブル主人公ということで、『8』を購入予定ならプレイしておきたい外伝作品ですね!

そして最後に一言。

春日一番だけでやっていくにはまだ早かった模様。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンセプションのリメイク版がPS4で登場!原作との違いや発売日は?

侍道外伝 KATANAKAMIは面白い?つまらない?良い点・不満点まとめ

アプリ『ブルーアーカイブ』ってどんなゲーム?良い点や不満点は?

シェンムー(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)シリーズの評判について!期待・不安の多し?

ポケダン救助隊DXの新要素や変更点は?ローグライクゲームとは何?

FPS「ガンダムエボリューション」の内容は?リリース日や課金要素も!