『サマーゲームフェス2024』おすすめ・注目タイトル10選!概要も!!

若さって凄い。

散歩中、爆風に煽られながら釣りを楽しむ子供たちを見て恐怖する。どうもゲーム野郎です。

私もかつてはそっち側だった・・・ハズ。そのうち童心に帰って挑みたく。

その前に!!

今回は2024年6月8日に配信されたゲーム情報発表イベント『Summer game Fest 2024』で発表・公開された新作タイトルや続報の中からゲーム野郎的に注目するタイトルをピックアップしてまとめてみます。

CUFFBUST

発売日:未定(2025年になる模様)
対応プラットフォーム:PC

「ジェイリアン」と呼ばれるかわいらしい見た目をしたキャラクター(囚人)を操作するマルチプレイヤーゲームが配信されることが発表。

本作は、光線銃や爆発物やスプーンといった多彩な武器/アイテムを駆使して扉や壁を破壊して新たな道を切り開いたり看守の目を欺きながら、20人のプレイヤーが自分なりのルートで刑務所からの脱獄を目指す内容のようで、

ひとりで行動するか、他のプレイヤーと協力するか、他のプレイヤーを裏切る・妨害する・犠牲にして我先に脱出を試みるかはアナタ次第!!!

みんなでワチャワチャ遊べるオンラインマルチは結構人気が出たりするので、この作品も結構期待できる、また、配信映えしそうなタイトルかもしれない!?

祇(くにつがみ)

発売日:2024年7月19日(金)
対応プラットフォーム:PS5、PS4、Xbox Series X/S、Xbox One、PC

名作『大神』に似た雰囲気を持ち、アクション×タワーティフェンス(戦闘×戦略)を楽しめるカプコンの新作。

最新トレーラーと発売日の発表のほか、嬉しいことにPS4とbox Oneでの発売も決定しました。

物語は、神が住む自然豊かな「過福山」を舞台に、人々の暮らしを脅かす黒煙「穢れ」そして「畏哭(いこく)」と呼ばれる化け物を浄化し平穏を取り戻すというもの。

戦闘は、爽快な剣舞アクションのほか、様々な職長に就かせた村人を村(フィールド)に自由に配置したり、村にある仕掛けを起動させたりしながら迫り来る敵から巫女を護り抜く、というアクションとタワーディフェンスの要素を併せ持っているのが特徴。

ゲームの流れは、昼は山村の探索や戦闘の準備、夜は戦闘。この昼と夜のフェーズを繰り返しながら進めていく感じですね。

Delta Force: Hawk

発売日:2024年予定
対応プラットフォーム:PS5、Xbox Series X/S、PC、iOS、Android

基本プレイ無料のタクティカルシューター(FPS)

1人用のキャンペーンモード搭載で、アメリカ軍とソマリア民兵との間で起こった「モガディシュの戦闘」を描いた戦争映画『ブラックホーク・ダウン』をなぞる物語が楽しめる。

そして、マルチプレイは2035年の近未来を舞台としており、役割やスキルが異なる5つの兵科から選んでプレイする仕様とのこと。

兵科や武器のカスタマイズは多彩で、プレイヤーに合ったまたロマン溢れる自分好みのカスタマイズができるそうです。

ちなみにマルチプレイは、歩兵以外にも戦車や戦闘ヘリなどの様々な搭乗兵器も操作できる32vs32による大規模対戦モード。

その他、最大3人でミッションを行いながら脱出を目指す『タルコフ』や『COD: Warzone』のDMZのようなモードなんかが用意されているみたいですよ!

最新トレーラーを見た感じでは、そこまでフレームレートが高くないようでヌルヌルとは動いてなかった点がちょっぴり気になるところではあります。

7月にはグローバルでアルファテストが開催される模様。



No More Room In Hell 2

発売日:未定(早期アクセスは2024年のハロウィン(10月末)予定)
対応プラットフォーム:PC

2011年に発売された『No More Room In Hell』の続編で、早期アクセスがSteamで2024年のハロウィン(10月末)に開始されると発表されました。

本作は、武器や物資を漁りながら生き残って任務を遂行していくという、最大8人のプレイヤーで協力して襲い来るゾンビたちに立ち向かっていく協力型ホラーFPS(Co-opシューター)となっており、

・デスするとリスポーン不可能でゲームから脱落
・近接武器、銃器、投擲武器を駆使して戦うゾンビサバイバル
・8人のプレイヤーは巨大なマップの離れた場所でスタート(スポーン)する

こういった特徴を持ち、他プレイヤーとの協力や戦略が問われる。

また、爽快感はあるけど命が重くて緊張感も味わえるゲーム性のようです。

The First Descendant

発売日:2024年7月2日(火)
対応プラットフォーム:PS5、PS4、Xbox Series X/S、Xbox One、PC

固有スキルを持つ継承者(キャラクター)を操り、ライフル/マシンガン/ショットガンなど11種類の銃をメインに、近接武器・スキル・グラップリングフックなども駆使して敵を倒していくスピーディーで爽快感溢れる戦闘が展開される。

そして、倒した敵からはボロボロとアイテムがドロップすることでトレジャーハント感もしっかり味わえ、手に入れたアイテムやビルド構築でキャラクターをどんどん強化していき、より強力な敵に挑んでいく。

といった、最大4人でのオンライン協力プレイが可能でクロスプレイにも対応したハックアンドスラッシュTPSのリリース日が決定!

個人的には、基本プレイ無料でアイテム課金はあるもののPay to Winではない点が素晴らしいと思うタイトル。(ベータテスト時点であり今後どうなるかは不明)

基本プレイ無料ということで、FPSやTPS、そしてハクスラやRPG要素が好きの方は一度は触ってみるべしです!

Phantom Blade Zero

発売日:未定
対応プラットフォーム:PS5、PC

ダーク(スチームパンク)な世界観で、濡れ衣着せられた暗殺者が復讐する物語が描かれ、剣戟とカンフーを融合されたスピード感溢れる戦闘が楽しめるアクションRPG

トレーラーでは、中国武術であるカンフーや日本の忍者のような華麗な身のこなしで敵をブッタ斬っていくシーンが確認でき、爽快感はかなり高そうだと感じます。

ガード、パリィ、回避アクションもある模様。

今のところ、

マップはセミオープンワールドで、様々なアクティビティがある複数の大きなマップでできている。

武具・アイテム・スキルなどのカスタマイズやキャラクターの育成要素あり。

などのような情報が公開されているみたいですね!

なんとなくですが、雰囲気的には死にゲー臭を感じるのは自分だけでしょうか。

Black Myth: Wukong(黒神話:悟空)

発売日:2024年8月20日(火)
対応プラットフォーム:PS5、PC Xbox版は発売延期

中国伝奇小説「西遊記」を題材としたアクションアドベンチャーRPG

孫悟空を思わせるキャラクター「天命人」となって、古い伝説に隠された真相を究明すべくファンタジーな世界を冒険する物語が描かれます。

そして、西遊記らしい、仰々しい姿をした妖怪たちとの戦闘。

また、華麗でトリッキーな動きによる如意棒や様々な術を駆使したド派手アクションを楽しめそうです。

もちろん、カスタマイズもあってやり込み要素もあり!って感じですね。

個人的には、広大な世界を筋斗雲で飛びまわったり、高い場所にスーパージャンプしたりできたらいいなぁなんて思ったり。

注意点としては、本作の戦闘の難易度は高めで歯ごたえのある死にゲーになっているってところではないでしょうか。



Mecha BREAK

発売日:2024年
対応プラットフォーム:PC 家庭用ゲーム機でのリリースも予定

メカ/ロボット好きには堪らないであろうカッコイイ機体が多く登場し、銃弾や無数のミサイルが飛び交う戦場を縦横無尽かつハイスピードで駆ける。

そんな、オンライン対戦型のロボットアクションゲームのメカデザインのコンセプトトレーラーが公開され、数々のメカデザインを手掛けてきた柳瀬敬之氏と石垣純哉氏による機体が紹介されました。

ゲームモードは、3vs3、6vs6、AIの敵も登場する60人対戦(6人10チームの大規模戦)などが用意されており、ワイワイ系からより味方との協力が問われる緊迫系まであるのがGOOD!

2024年8月には誰でも参加可能なベータテストの開催が予定されているので、気になる方は是非このこの機にプレイしてみてはいかがでしょうか。

野狗子(やくし): Slitterhead

発売日:2024年11月8日(金)
対応プラットフォーム:PS5、PS4、Xbox Series X/S、Xbox One、PC

『サイレン』、『サイレントヒル』、『グラビティデイズ』などを手掛けたゲームクリエイター”外山敬一郎”氏の新作ホラーアクションアドベンチャーで、最新トレーラーの公開と発売日が発表されました。

狭いながらも広がるネオン街の路地裏「九龍」を舞台に、人間の脳を吸う中国の妖怪で人間に擬態する「野狗子(やくし)」を倒すというもの。

主人公は実態を持たない精神生命体の「憑鬼(ひょうき)」ということで、それぞれ個別のスキルを持った様々なNPCに憑依してエリアを探索したり戦闘したりするみたい。

そして、アクションアドベンチャーというだけあって、ホラーゲームではあるもののいろんな攻撃手段や移動手段を駆使する近接アクションをメインにしたゲームデザインとなっているようなのですが・・・

最新トレーラーの戦闘シーンでは、最近のアクションゲームとしてはモーションがちゃっちく見えていたのが引っかかりはしてます。

ちなみに、ステージ制でエンディングまでは約15時間ほどのボリュームだそうで、そこにプラスでやり込み要素が入ってくるって感じっぽい!

モンスターハンターワイルズ

発売日:2025年予定
対応プラットフォーム:PS5、Xbox Series X/S、PC

様々なフィールドを駆けまわり、小型からドデカい武器を振り回す、遠距離から弓を撃ちまくる、罠で攻撃したり動きを妨害。

そんなことをしながら強大なモンスターを狩猟し、素材を集めてキャラクターを強化していきながら更に強いモンスターに挑む。

これを繰り返すハクスラ系のハンティングアクションゲームとして高い人気を誇る『モンハン』シリーズの最新作で、プロモーションムービー第2弾の公開とともに、クロスプレイに対応することも明かされました!

現時点で公開されている新要素としては、

・新モンスター
・フィールドの天候の変化(モンスターの生態も変化)
・フィールドを快適に移動できる乗用動物「セクレト」登場
・セクレトが持つ「武器鞄」により狩猟中でも2つの武器の切り替えが可能
・各武器種に新アクション追加
・各モンスターに弱点を作り出すことができる「傷」システム
・ハンターのフルボイス化やオトモアイルーが人語で会話
・ストーリー展開(カットシーン)とゲームプレイがシームレスでロードを挟まない

こんなところで、より遊びやすくより戦闘の幅が増しているのは間違いなさそうですね!



まとめ

以上が『Summer game Fest 2024』にて発表/公開されたものの中で、ゲーム野郎が注目するタイトルになります。

もちろんその他にも、魅力的なタイトルの発表また続報が明かされているので、一通り確認してみてくださいね!

それでは最後に・・・

ポケモンに似た雰囲気を持つオープンワールドサバイバルゲームとして大ヒットした(今はだいぶ落ち着いている)『パルワールド』ですが。

新マップ、新パル、建築要素拡張、レベルキャップ解放、そして育てたパルたちが入り乱れるプレイヤー同士の対戦ができ、バチバチのアクションシューティングが楽しめそうな「闘技場」。

などが6月27日のアップデートで実装されることで再ブーム到来するかも!?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『ロストジャッジメント』新要素まとめ!前作からボリュームアップ?

『地球防衛軍6』の新要素まとめ!武器レベルの制限解除はどうなる?

キャサリン・フルボディの新モードが易しすぎ!?声優もかなり豪華!

新サクラ大戦はどんなゲーム?え、華撃団が消滅!?発売はいつ頃?

ひぐらしのなく頃に 命は原作を知らなくても楽しめる?ゲーム性は?

E3 2019注目タイトルをチェック!!ぶつ森や聖剣伝説、ルイマンほか