Anthem(アンセム)はデスティニーに近いようで全然違う?違いはどこ?

当初、2018年秋に発売が予定されていたものの、バトルフィールドⅤとのバッティングを回避するために2019年2月22日に変更されたPS4/Xbox One/PC用ソフト『Anthem(アンセム)』。

惑星を舞台に人々がパワードスーツ的なものを纏って調査を行ったり敵と戦う、といった内容は最近のタイトルではデスティニーに近いものを感じますよね。

そこで今回は、どのような違いがあるのか?についてまとめていこうかと思います。

視点の違い

デスティニーはFPS(一人称視点)で、ゲームの中にいるような感覚で臨場感も味わえる。

また、相手(敵)との距離感が近く感じるため、武器のスコープを覗き込まなくても(腰だめ撃ち)比較的狙いやすく、対人戦に特化したシューティングゲームによく見られるスタイルですね。

一方アンセムはTPS(三人称視点)であり、キャラクター後方からの視点となるため動きがよく確認でき、視野が広く周りの状況確認がしやすい。

そして、シューティング要素の他に、アイテム回収や様々なアクション要素が設けられたゲームに採用されていることが多いと言える視点となっています。

キャラクターに設定されたクラス(職業)が無い

本作は、デスティニーのようにキャラクター自体にタイタン、ハンター、ウォーロックなどといったクラスが備えられているのではありません。

その代わりに、強化外骨格である”ジャベリン・エグゾスーツ”と呼ばれるものが存在し、

・多くの武器を扱える万能タイプの”レンジャー
・高火力を誇るパワータイプの”コロッサス
・素早い動きで単独戦闘と支援もこなす”インターセプター
・属性を持った攻撃で範囲攻撃も得意とする”ストーム

このタイプの違いで独自の必殺技を持つ4つのスーツが用意され、キャラクターではなくスーツにクラスが設けられており、任務中は出来ないが拠点ではスーツを自由に着替える事が可能ようです。

なので、クラス別にキャラクターをいくつも作成する必要がないってことですね!

スーツは、装備によるカスタマイズと見た目の変更のほか、各スーツ別にスキルツリーが備えられ、強化していくことで長所を伸ばしたりとパワーアップさせていけるとのこと。

見た目では、エヴァンゲリオンの初号機カラーも存在するっぽい!

ちなみに、はじめはレンジャーしか装着できないようですが、ストーリーの進行と共に他3タイプのスーツを装着できるようになるみたいですよ。

立体的なマップで自由度が高い

特徴のひとつである立体的なマップ。

少し極端に言えば、どこでも移動できちゃうんです。

例えば、陸を走るのはもちろんの事、空を飛んだり、飛び込んで水中に潜り泳ぐなんてことも可能!!!

そのため、空・陸・水中の移動が可能となるだけでなく戦い方のバリエーションも大幅に広がり、元々の広大なマップがより広く感じられ、色んな場所をスピーディーかつ自由に探索できることは間違いないはず。

飛行時は思いのままに操れるほどの操作性らしいので、ストレスなく縦横無尽に飛べるのではないでしょうか。

また、グラフィックも文句なしに綺麗なため、戦闘そっちのけで景色を巡って飛び回ってしまうかもですね( *´艸`)

P v P(対人戦)が無い

本作には、今のところ“P v P(対人戦)要素はない”とのこと。

シングルプレイでじっくり楽しむことのできるストーリー体験

そして、他のプレイヤー(最大4人)と一緒に広大なマップを冒険し協力し合って敵を倒すCo-op

このシングルプレイと協力プレイからなる2つのワールドに分けられており、そこに力を入れた作品となっているようです。

パーティーを組む際は、フレンドを誘うほか、マッチメイキング機能も搭載されているのでメンバー簡単に見つけられ、途中参加や離脱もでき、レベルが離れた相手とも一緒に楽しめるのも良いところ。

個人的に感じたこと&気になること

デスティニーは、重力が弱く設定されたようなヌルヌルフワフワとした動きをしますよね。

それに対しアンセムでは重力強めで、各モーションがキビキビしており、スピード感があるように見えます。

飛行や水中移動がありますし、ダイナミックでスピーディーさをより感じられる動きをしている、と私は感じました。

他には、天候や時間経過による環境変化も搭載しているようですが、ただ単に景色が変わるだけだと物足りないですし、環境変化によりプレイにどういった影響を及ぼすのかや、出現する敵も変わってくるのか、といった部分も気になるところ。

まとめ

上記の内容をザックリまとめると、

・TPS(三人称視点)
・戦い方が異なる4タイプのジャベリン・エグゾスーツを拠点で自由に変更できる
・広大なマップを、走る、飛ぶ、泳ぐことのできる高い自由度
・PvP要素は無いが、シングルプレイによるストーリーと協力プレイが熱い
・キビキビした動きで、ダイナミック&スピーディーさがある
・環境変化が存在

と、こんな感じでしょうか。

そもそもデスティニーとアンセムは別のゲームなので違いがあって当然ですし比べるものでも無いので、それぞれを楽しんじゃえばOK( ´∀`)bグッ!

最後になりましたが、三人称視点によるシューティングとRPGの2つの要素、そしてシングル&協力ともに思いっきり楽しめるであろう『Anthem(アンセム)』の続報に期待しつつ、発売日が楽しみですね!

引用元
https://www.ea.com/ja-jp/games/anthem

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヴェンデッタは視点変更が自由自在!?キャラクリも自由度が高め!

ポケモンLet's Go!ピカチュウとイーブイの違いは?ポケgoと連動?

FFCCリマスターはクロスプレイ対応でマルチが熱い!ほか新要素は?

2020年2月発売のNintendo Switchタイトルまとめ!有名・注目作品...

ディアブロ イモータルって何するゲーム?爽快感はある?マルチは?

グランブルーファンタジーリリンクのバトルが熱い!登場キャラも確認