アストロシティミニの発売日や収録ゲーム一覧!一部予想タイトルも!

昔のゲーム機を小さくし、いくつかの人気タイトルが収録されている復刻ミニゲーム機が、これまでに数多く発売されていますよね。

そんな中、お次は、

かつてのゲームセンターでは、導入されていないところはないんじゃないかってくらい人気で賑わいを見せていたセガのアーケード筐体である「アストロシティ」が忠実に再現(樹脂製)され、6分の1サイズになって復活を果たします。

そこで今回は、セガグループ設立60周年プロジェクトのひとつとして登場する『アストロシティミニ』についてチェックしていきます。

発売日が決定!

2020年7月に正式発表されるとともに、12月に発売が予定されていることも明かされていた『アストロシティミニ』のより詳細な発売日情報が発表されました。

これによると・・・・

2020年12月17日に決定!!!

とのことです\(^o^)/

ここ最近では発売予定からの延期という流れが結構あったりしたので、無事当初の予定通りに発売されるということが余計に嬉しく感じてしまいます。

ちなみに、価格は12,800円となっています。

収録タイトル

現時点(2020年8月22日)で判明していタイトルはこちら!

ファンタジーゾーン(稼働開始:1986年、ジャンル:横スクロールシューティング)

ワンダーボーイ(稼働開始:1986年、ジャンル:横スクロールアクション)

エイリアンシンドローム(稼働開始:1987年、ジャンル:アクションシューティング)

SHINOBI 忍(稼働開始:1987年、ジャンル:横スクロールアクション)

ワンダーボーイ モンスターランド(稼働開始:1987年、ジャンル:アクションRPG)

ゲイングランド(稼働開始:1988年、ジャンル:タクティカルアクションシューティング)

獣王記(稼働開始:1988年、ジャンル:横スクロールアクション)

ワンダーボーイⅢ モンスター・レアー(稼働開始:1988年、ジャンル:アクションシューティング)

クラックダウン(稼働開始:1989年、ジャンル:ステルスアクションシューティング)

ゴールデンアックス(稼働開始:1989年、ジャンル:ベルトスクロールアクション)

サイバーポリス イースワット(稼働開始:1989年、ジャンル:横スクロールアクション)

シャドー・ダンサー(稼働開始:1989年、ジャンル:横スクロールアクション)

エイリアンストーム(稼働開始:1990年、ジャンル:ベルトスクロールアクション)

コラムス(稼働開始:1990年、ジャンル:落ちものパズル)

コラムスⅡ(稼働開始:1990年、ジャンル:落ちものパズル)

ボナンザブラザーズ(稼働開始:1990年、ジャンル:横スクロールアクション)

コットン(稼働開始:1991年、ジャンル:横スクロールシューティング)

ゴールデンアックス デスアダーの復讐(稼働開始:1992年、ジャンル:ベルトスクロールアクション)

ぷよぷよ(稼働開始:1992年、ジャンル:落ちものパズル)

タントアール(稼働開始:1993年、ジャンル:パーティー(ミニゲーム集))

ダークエッジ(稼働開始:1993年、ジャンル:対戦格闘)

バーチャファイター(稼働開始:1993年、ジャンル:対戦格闘)

イチダントアール(稼働開始:1994年、ジャンル:パーティー(ミニゲーム集))

 

これらの23タイトルが判明しており、アーケードゲームだけあって気軽にサクッと遊べるジャンルが勢揃いしていますね!

その他の収録タイトルについて

『アストロシティミニ』に収録されるのは全36タイトルであり、現在判明している上記の23タイトルを除いた13タイトルはまだ明かされていません。

では一体、残りはどんなタイトルが収録されるのか?

それをゲーム野郎が勝手に予想しちゃうコーナーが突然はじまるわけですが、まず、2020年8月22日時点で判明している23タイトルを基準とします。

そして、セガには80年代~90年代のアーケードタイトルに関わっていた人も多く居るとのことなので、残りのタイトルも、

ゲームセンターが盛り上がっていた時代といえる、1980年代~1990年代のタイトルになる可能性が大!

と考えられます。

そこで、80年代~90年代に稼働したタイトルを調べてみたんですが、

「数は多いわ、全く知らないタイトルも沢山あるわで、正直どれが収録されていてもおかしくない!!!」

という結果に・・・

って、それだと予想もへったくれもなくグダグダになってしまうので、“ゲーム野郎的に収録されていると嬉しいタイトル”へと路線変更していくつか挙げると、

青春スキャンダル(稼働開始:1985年、ジャンル:横スクロールアクション)

ロボレス2001(稼働開始:1986年、ジャンル:プロレスアクション)

ぷよぷよ通(稼働開始:1994年、ジャンル:落ちものパズル)

ファイティングバイパーズ(稼働開始:1995年、ジャンル:対戦格闘)

ダイナマイト刑事(稼働開始:1996年、ジャンル:ベルトスクロールアクション)

デカスリート(稼働開始:1996年、ジャンル:スポーツ)

 

このあたりでしょうか。

中でも、バカゲー臭漂う『ダイナマイト刑事』と『デカスリート』は特に収録されていてほしい作品ですね。

あと、今回挙げたタイトル以外が収録されるにしても、できれば、『1~3』というように同じシリーズからいくつも収録されているよりも、基本的にはいろんなタイトルが遊べることに期待したいかな!

そして、レーシング系も入っていてほしいところではありますが、ゲームセンターのレーシングゲームは大体が大型筐体なのでアストロシティミニには含まれないっぽい?

鑑賞用としても!

周辺機器のひとつに、アストロシティミニの土台となる「ベースパーツ(スライドするだけで着脱可能)」と、ゲームセンターに置かれた「椅子」を再現したアクセサリーをまとめた、

『アストロシティミニ ゲームセンタースタイルキット』(価格:3,980円)

というものがあります。

これにより、椅子に座ってアーケード筐体でゲームをする、あのお馴染みのゲーセンスタイルを再現した見た目にカスタムできちゃいます。

その為、ゲームとして遊ぶだけでなく、フィギュアやプラモデルのような感覚で観賞用として飾るのも良さそうですね!

その他の周辺機器では、アストロシティミニ本体に接続することで最大2人プレイが可能になる、

『アストロシティミニ コントロールパッド』(価格:2,780円)

という専用コントローラーも発売されるようなので、協力や対戦で盛り上がれれるところもGOODではないでしょうか。

まとめ

まだ、全てのタイトルが発表されたわけではないですが、全36タイトルが収録されており、サクッと遊べて尚且つ周辺機器ありきではありますが協力プレイも可能。

また、見た目もゲームセンター仕様にできることで、飾って見て楽しめたりもする。

そして、HDMIケーブルでテレビと繋げば大画面でプレイすることもできるアストロシティミニ』。

次の新情報はまだ判明していない残りの13タイトルの発表になりそうですし、今後の動向に注目していきたいところですね( ´∀`)bグッ!

引用・出典元
https://www.youtube.com/watch?v=ZWgM4g6v_18

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GTAⅤ(グラセフ5)のPS3、4版&Xbox360、One版チートコード一覧!

おすすめゲームアプリ10選!ジャンル縛り無し!迷ったらコレ!?

PS store『秘蔵の名作セール(2020年8月)』開催!まずまずの内容…

スイッチライトはプレゼントにもおすすめ?特徴や注意点もチェック!

【非公式】2019年発売PS4おすすめ・注目タイトルランキングベスト10

夏にプレイしたい!ノスタルジックからホラーなゲームタイトルまとめ