『ロストジャッジメント』新要素まとめ!前作からボリュームアップ?

事件や依頼を解決していく内容で、龍が如くスタジオ作品だということもあり、『龍が如く』シリーズでお馴染みともいえる殴る蹴るの喧嘩アクションのバトルも魅力。

また、主人公を木村拓哉さんが演じ、多くの芸能人もキャラクターのモデルとなっていることでも話題となったリーガルサスペンスアクション『ジャッジアイズ』。

その続編『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』が2021年9月24日(金)に発売されるにあたり、新要素や進化しているところについてチェックしていこうかと思います。

新エリアエリア&新コンテンツで青春しよう

前作の「神室町(東京)」と新たな舞台

伊勢佐木異人町(横浜)

で事件の真相を解明していくことになります。

これにより新たなエリアの探索はもちろんのこと、調査の舞台となる「誠稜高校」では生徒たちとの交流だけでなく、

ロボのカスタマイズや陣取り対戦ゲームができる「ロボット部」。

音ゲー(リズムゲーム)が楽しめる「ダンス部」。

スポーツマンシップにのっとった殴り合い「ボクシング部」。

そして、熱き男たちがバイクを乗り回す「暴走族」?

などといった青春ドラマやミニゲームを楽しめる新コンテンツ「ユースドラマ」が展開されますよ!

バトルがより濃密に

アクロバティックな範囲攻撃が特徴の「円舞」と、1vs1のタイマン戦で威力を発揮する「一閃」。

この前作にもあった2種類のバトルスタイル、そして、「流(ながれ)」が追加されます。

「流」は、ガンガン攻撃していく上記2種とは違って、

敵の攻撃をいなしてそのまま投げ技を繰り出す”合気道“のようなバトルスタイルで、敵が持っている武器を解除できる技があったりもするようです。

その為、相手の動き(攻撃)を見極め、攻撃が当たる直前にタイミング良く技を繰り出す(ボタンを押す)、というようなカウンターの技術を必要とするのかも?

この新バトルスタイル「流」の追加で、バトル/アクションの幅が広がり深みが増していることは間違いない!?

また、「円舞」や「一閃」では、動きのキレが良くなっていたりし、新技の登場にも期待できるといったことから、バトル全体の爽快感もアップしているのではないでしょうか。

ちなみに、スキルを習得する要素のほか、バトル中にノルマを達成するとより多くのスキルポイントを入手できるシステムが追加されているとのこと。

アクションと探偵要素が増した【調査アクション】

様々な人物から有力な情報を聞き出す「聞き込み」、ターゲットに気づかれないように追跡する「尾行」、逃げるターゲットを追いかけて捕まえる障害物競走のような「チェイス」などなど……

シリーズ最大の特徴といえる【調査アクション】には、

壁をつたう/登る、ジャンプして建物から建物へ飛び移るなど、パルクール的な動きでいろんな場所へ移動するアクションを駆使して潜入する「アスレチック」。

コインを投げて音で敵を誘導、敵がスモークボールで視界を奪われている間に通り抜ける、こっそり敵の背後に回って一撃必殺、というステルスゲームでよくあるアクションで調査する「スティール」。

これらをはじめ、ワンちゃんに手助けしてもらえる「探知犬」や、そっこり情報を盗み聞きする「盗聴」、予期せぬ事態を事前に察知する「バズリサーチャー」。

などといった多くの新要素が追加されることで、事件や依頼の解決へと導く探偵らしい要素がより一層味わえることでしょう!(探偵の域を越えちゃってますけどね・・・ボソ)

「チェイス」ではスケートボードに乗って敵を追え、街でも乗ることができるみたいですが、いつでもどこでも乗り回せるのは不明。(技を決めたりできる場所は存在する模様)

ゲームセンターに名作追加&マスターシステムの実装

本作のゲームセンター【クラブセガ】では、『バーチャファイター5』や『ファイティングバイパーズ』など前作にもあった名作に加えて、

対戦型格闘ゲームの『ソニック・ザ・ファイターズ』

がプレイ可能となっています。

他にも、『UFOキャッチャー』は新しい景品が追加されていたり、大型筐体ゲームの『アウトラン』もある。

もちろん、バッティングセンター、麻雀、将棋などといったアトラクションやゲームも用意されている。

更に、主人公”八神”の探偵事務所にあったピンボールマシンが無くなった代わりに『マスターシステム(セガのゲーム機)』が設置され、『アレックスキッド』や『どきどきペンギンランド』などが遊べるんだとか!

そんなこんなで、ストーリー・調査アクション・バトルなどの本編に関わる要素のみならず、いろんな遊びが楽しめそうですね( ´∀`)bグッ

まとめ

上記の内容が、現在判明している新要素になるのかな。

もちろん、他にも細かい部分の進化や変化があるでしょうから、前作から内容やボリューム的にもパワーアップしているであろう『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』。

あともう2ヶ月ちょっとで、またまた木村拓哉さんの超カッコイイ姿が見れる、そして操作できると思うとワクワクが止まりませんね(≧▽≦)

引用・出典元
https://www.youtube.com/watch?v=Ntc8q49aJqw

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FF7リメイクの原作内容は?どこで終わる?さらばミッドガル、ね...?

グランブルーファンタジーリリンクのバトルが熱い!登場キャラも確認

TEPPENの良い所・不満な所まとめ!感想やユーザーの声もチェック!

ラストクラウディアのリアルタイムバトルが熱い!爽快感や迫力もあり

聖闘士星矢シャイニングソルジャーズβテスト版プレイ感想!あり!?

ペルソナ5スクランブル(P5S)は無双系!?低評価が多い理由って?